Private Relaxation Salon
ベビーマッサージ教室

HOME ベビーマッサージについて ベビーマッサージ教室 よくあるご質問 プロフィール 申し込み・お問い合わせ LINK

ベビーマッサージ RoseWood




生まれてきてくれてありがとう

ずっと一緒 仲良くしようね

育む優しさ 癒すことで癒される

親子の絆を深める

ベビーマッサージ はじめませんか







ベビーマッサージによる肌と肌のふれあい。
お母さんやお父さんが愛情を込めて、やさしくあたたかく触れることで、赤ちゃんはリラックスし安心感に包まれます。
親の愛情をたっぷり受けて育った赤ちゃんは、安心感を持つことから、好奇心が生まれ、探究心へとつながり、そして、この世にいきてきた『 自分 』という存在を実感し、力強く生きていこうとする力、人間として基本的な心身のあり方を目覚めさせるのです。

心の結びつきは、対話や話し合いという理性的なものでなく、もっと本能的なところから生まれるもの。
子供が肉体的、情緒的、知的で健やかに成長するための基本的条件作りには、皮膚刺激が重要な役目を果たすのです。
ベビーマッサージは、親を育て、子どもを育て、親子の強い絆を作ります。

そして、心豊かな人と社会が広がれば、未来の希望も広がります。

また、親がリラックスすれば赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんも安心してリラックスできます。
赤ちゃんにベビーマッサージやエクササイズをすることで、親のストレッチにもなり親自身の体の血液循環も良くなり、毒素や老廃物も流され代謝が良くなるので体調も良くなります。

赤ちゃんの気持ちやちょっとした変化に気づくことができるようになることで、育児への自信や余裕につながり、ゆとりをもった育児ができるようになることでしょう。

お母さんだけでなく、ご家族みなさんご一緒に、ベビーマッサージはじめませんか。

ベビーマッサージについて TOPにもどる




≪ 目的 ≫


赤ちゃんの心身の発達を促し、精神を安定させる
・母親からの心地よいスキンシップを受けて、赤ちゃんは大喜び
 快感物質エンドルフィンが放出されて、赤ちゃんに満足と幸福感をもたらします。

・安定感があり、自分に自信を持つ
 家族愛と安心感に満たされ、情緒がしっかりと安定し、自信に満ちた子どもに育ちます。

・賢い子どもに育つ可能性が大きい
 好奇心が旺盛になり、探究心を持ち意欲的に考え、行動するようになります。

・機嫌よく、利発で発達が良い
 スキンシップや授乳などの要求が叶えられている赤ちゃんは、機嫌よくあまり泣かないといわれています。

・内面では感覚を研ぎ澄ましている状態になる
 静かにしているが退屈しているわけでなく、周囲の出来事に敏感に反応し、吸収することによって体内の組織を動かして生理機能を活発化させている。


親に育児への自信とゆとりをもたせる
ベビーマッサージを習慣化すると、赤ちゃんの身体の感覚、表情から我が子の成長や変化を感じ取ることができるようになります。
赤ちゃんの変化にすばやく気づくことができるので、赤ちゃんの要求に応じるのが容易になってきます。
満たされた赤ちゃんは、機嫌がよくなり、母親に笑いかけてその喜びを伝えます。その笑顔に母親は喜びを感じ、同時に育児への自信をもつことができるようになります。
また、マッサージをしてあげることで母親自身もリラックスすることを覚ます。(癒すことで癒される)
自信を回復し、リラックスすることで、ゆったりとした優しさがあふれ、ゆとりをもった育児ができるでしょう。


親と子の強い絆を作る ⇒ 愛情の連鎖が広がり家族関係の向上につながる
赤ちゃんに優しく余裕を持って対応できる自分に満足した両親は、精神的に安定し、育児に喜びを感じることができます。
親であるという感動を与えてくれる赤ちゃんに感謝し、その存在が一層愛しくなり、さらに優しく思いやりを持って接することができます。
一方で、要求が満たされ、親の愛を肌で感じている赤ちゃんは、親を信頼し、豊かな表情で親の愛に応えていく、このような愛情の連鎖は、親と子の絆をより強く固く結びつけます。 


心の豊かな人間と社会を作る
マッサージは相手のことを尊重し、思いやる精神を持ち、相互に生まれる信頼感と愛情を育むためのスキルだといえます。この精神を両親が子育て全般に活かし、その愛と信頼に包まれて育った子どもが大人になっていったら、どれだけ心豊かな人間になることでしょう。「三つ子の魂百まで」のことわざどおり、幼い頃に培われた価値観は大人になっても根底に残ります。根っこの部分に愛情と信頼があるかぎり、きっとそれを忘れた人間にはならないでしょう。


ベビーマッサージについて TOPにもどる




≪ 効果 ≫


赤ちゃんの脳の発達を促し、ストレスを減らし、免疫システムが向上する

ベビーマッサージは神経系統に大きく影響を与えます。やさしいタッチやマッサージ、感覚覚醒のためエクササイズが、自律神経系や抹消神経を刺激し、間接的に脳に働きかけるためです。
また、肌への刺激は脳内の神経を刺激し、ストレス・ホルモンのレベルを下げるため免疫システムの機能を向上させます。



赤ちゃん自身がリラックスの感覚を覚え、ストレスが解消される

ストレスの上手な解消法やリラックス方法を知ることで、赤ちゃんの脳や神経機能は向上します。



赤ちゃんの運動機能/内蔵機能を高める

●ベビマエクササイズは赤ちゃんの脳の発育を促し、神経系統を良好に発達させます。運動神経が発達すると成長に従った運動機能が充実し、筋肉の発達を促します。
●マッサージによるスキンシップは、循環器、消化器、排泄器、神経系、免疫系の成長を促します。
●循環器系の発達が促されるので、血行がよくなり、栄養が細胞の隅々まで行き渡ります。血流がよくなることで筋肉の緊張がほぐれ、リラックス効果で解毒力や抵抗力がつきます。さらにリンパ系にも働きかけるので、赤ちゃんの免疫力も高まります。
●内臓の発育も助けるので、胃腸の働きが活発になり、食物の消化吸収率が高まります。消化機能が高まるのでおなかの不快感やガスが解消され、下痢や便秘の解消に効果があります。
●赤ちゃんの呼吸機能が高まります。深い呼吸で体内に取り込まれた酸素は、血流で全身に送られ、頭部の成長にもよい効果をもたらします。
●深い呼吸は身体へのリラックス効果も高めるので、眠りが深くなり長時間眠り、夜泣きに効果があります。深い眠りをもたらし成長ホルモンの分泌を高めるので、身体の成長が促進されます。



母子双方のバーストラウマを癒す

ママも赤ちゃんも、妊娠中や出産時、その直後のケアなどで大なり小なり心の傷を持ってしまうことがあります。
ベビーマッサージで子供の心と体を理解し、親子の強い絆を作り、マッサージをしてあげることで親自身もリラックスを覚え、癒すことで癒されます。



親(ママ・パパ)の精神の安定/育児への自信

ベビーマッサージを通じて赤ちゃんの気持ちや体の様子、成長を感じることができるようになることで、安心と余裕を持って接することができるようになり、育児への自信につながります。



親(ママ・パパ)の体の血液循環を良くし、リラックス効果により体調も良くなる

親がリラックスすれば赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんも安心してリラックスできます。赤ちゃんにベビーマッサージやエクササイズをすることで、親のストレッチにもなり親自身の体の血液循環も良くなり、毒素や老廃物も流され代謝が良くなるので体調も良くなります。

ベビーマッサージについて TOPにもどる




≪ 育児法の時代推移 ≫


古来、ベビーマッサージは子守唄と同様に世界中で親から子へと受け継がれてきた家庭習慣でした。
しかし19世紀末に産業革命が起きた頃から、女性の労働力が求められ、工場の生産ラインに合わせた生活とそれに伴う育児の合理化を図る為に、親の都合に合わせた育児を提唱する学説が台頭するようになりました。
この学説では、子供の甘え(泣き声)に親がコントロールされ親という存在が子供の支配下におかれるべきではない、早く独立心・自立心を持たせるべきである、とされていました。
日本にも、江戸時代には『 小児あんま 』として、各家庭で子供へのマッサージが行われていましたが、明治時代に文明開化が起こり、西洋医学が導入されるようになり衰退していきました。
家庭での「抱く」「さする」「母乳を与える」という伝統的な育児習慣は残りましたが、これも第2次世界大戦以降、欧米の『 抱かない/触れない育児法 』が流入し、それまでの育児習慣は否定される傾向になっていきました。

しかしながら、自分達の文化で昔から継承されてきた育児法を用いて子育てを行ってきた民族もありました。
アフリカのウガンダでは、誕生直後から4歳までマッサージを受けるそうです。
その子供達は、脳神経、身体の成長が早く、精神面の安定と高い知能を持つことがわかり、ウガンダの育児法が着目されるようになりました。

「赤ちゃんをコントロールする育児法」から、「赤ちゃんに安心感を与える育児法」という本来の形に立ち戻ろうとしているのです。



アメリカとウガンダの乳児の発達比較表

アメリカ ウガンダ
首がすわる 3ヶ月 4〜6週
腰がすわる 7〜8ヶ月 4ヶ月
立って歩く 12〜14ヶ月 8ヶ月
走り始める 24ヶ月 12〜14ヶ月



ベビーマッサージについて TOPにもどる




≪ 赤ちゃんのデリケートな肌について


●赤ちゃんの皮膚の厚さは、1ミリ程度で大人の半分しかありません。
●分泌される皮脂量も、2ヶ月〜4ヶ月頃になると急に少なくなって、大人の約1/3程度になります。
●大人の皮膚表面のphが弱酸性に保たれているのに対して、赤ちゃんの皮膚は中性に近い状態のため、細菌が増えやすくなり、トラブルを起こしやすい状態であるといえます。
●赤ちゃんの汗腺の数は、大人の数と同じだけあります。表面積に対して汗腺が集中しているため、そして体内を占める水分量は大人よりも10%多いために、汗かきであり、あせもなどの湿疹ができやすいのです。

●消化機能が未発達なので、たんぱく質や脂質を十分に代謝することができず、また、水分の蒸発を守る機能や、摩擦に抵抗する機能も働いてないので、肌のトラブルが起こる可能性は高くなります。
●皮脂の分泌量が急に少なくなる生後2〜4ヶ月以降の赤ちゃんは要注意で、皮脂のバリア機能が十分に働かなくなるので、ホコリやダニ、細菌など、外からの刺激をより受けやすい状態になっています。


ベビーマッサージについて TOPにもどる




≪ マッサージオイルについて


ベビーマッサージの際にオイルを使うのは、赤ちゃんのデリケートな肌への摩擦を避け、肌の上でスムーズに手を動かせるようにするためのものです。
何もつけないと赤ちゃんの敏感な肌は摩擦ですぐに赤くなってしまいます。人肌に温まったオイルとなめらかなタッチによる心地よさで、赤ちゃんがリラックスできるので、教室ではオイルを使うことをお勧めしています。

オイルに対するアレルギー反応の有無を見るために、毎回パッチテストをしてからはじめています。
オイルを使う事に抵抗がある場合は、使わなくてもかまいませんし、お母さんの判断にお任せしています。
パッチテストで反応があったり、赤ちゃんの肌が敏感で心配な場合は、肌着の上からやさしくマッサージをしてもらってもかまいません。


オイル選びは、紫外線吸収率の低いものや、不純物の混入割合の低いもの、皮膚につけてから酸化しにくいものがお勧めです。
比較的手に入りやすく、安価な、大手会社のベビーオイルも、安全性はとても高いですので必要に応じてお試しください。

普段ご自宅でご使用のものがあれば持参いただいてもかまわないので、お母さんの判断でご使用ください。

ベビーマッサージについて TOPにもどる




RoseWood ソフト整体&アロマテラピー